BLOG

たんぱく質を最も必要とする場所

東京都文京区千石・本駒込パーソナルトレーニングスタジオKame7
管理栄養士&トレーナーの吉田尚弘です。

今回も栄養系のお話。

さて、三大栄誉素をご存じでしょうか?

そうです!糖質、脂質、タンパク質ですね。

その中でもたんぱく質は体をつくる材料としてとても重要。
皆さんご存じの通り、筋肉を付けるためには欠かせない栄養素です。

それ以外でも爪、髪、皮膚、ホルモンなどをつくる、再生させるためにも大切なのですが、
では、ここで問題。

たんぱく質はそれだけ大切な栄養素なのですが、私達の体の中で最も
必要としている部分はどこでしょうか?

「はい!筋肉!」

違います。。

「ハイ、髪の毛!」

違います。。。

答えは膵臓。
膵臓は、十二指腸にくっ付いている胃の後ろにある横長の臓器です。

膵臓とは、まったく想像できなかったと思います。

実は、膵臓が最もたんぱく質の代謝が活発な臓器なんです。
なぜなら、膵臓は糖質、脂質、たんぱく質を分解する消化酵素を分泌する臓器で
消化酵素はたんぱく質を材料にして常に作られているからなのです。

たんぱく質を分解するのに、たんぱく質を材料とした消化酵素が必要なんて
なんか、すごいことですよね。

仮にたんぱく質が極端に摂取不足になった場合、まず摂るべきものはプロテイン等ではなく
消化酵素が必要になります。
だって、たんぱく質を摂っても、消化・分解できなかったら体内に入れませんからね。

人間の体って不思議だなぁ

関連記事

PAGE TOP