BLOG

夏に向けてのシェイプアップは○○がポイント

東京都文京区千石・本駒込パーソナルトレーニングスタジオKame7
ダイエット&脚やせトレーナーの吉田尚弘です。

夏に向けてシリーズ!第二弾!

夏はどうしても肌の露出度が高くなります。
そうなると気になるところが沢山出来ますね~

二の腕の太さ、タルタル。
太もものセルライト。
脛の傷など。。

その中でも特に気にする部分は、やっぱりお腹ですね。
ちゃんと引っ込んだ状態でクビレがあるウエストは、
それだけでワンステージ上がります。

そのためには、食事だけでは難しい部分があり
しっかりとトレーニングをしなくてはいけません。

そこでポイントとなる筋肉が腹斜筋です。

少し分かりにくいかもしれないですが、囲ってある部分が腹斜筋。
簡単に言えば脇腹の筋肉ですね。

この腹斜筋は上半身を回転させる、正しい姿勢を保つ役割があり、
お腹のクビレをつくるのに重要なんですね~

では、このクビレをつくる腹斜筋はどうやったら鍛えれるのか?

早速トレーニングをやってみましょう!
腹斜筋を鍛える方法はいくつかありますが、最も分かりやすいのが
サイドプランク系だと思います。


①マットに横になり上の足を前に出して写真のように
肘をつきます。


②体を持ち上げて、恥骨、おへそ、顎のラインが真っ直ぐに
なるようにします。この地点で下の脇腹を使っている感じがするはずです。


③②から上の手を頭上を越えて伸ばし、下の脇腹をグッと
引き締めます。

この①~③の動作を左右10回を3セットずつ行います。
ポイントは③の動作。しっかりと上の腕を伸ばして
お腹を引き締めていきます。

これで、この夏はクビレ美人間違いなし!

関連記事

PAGE TOP