BLOG

食事だけ、または運動だけのダイエットで決定的な違いとは。

東京都文京区千石・本駒込パーソナルトレーニングスタジオKame7
ダイエット&脚やせトレーナーの吉田尚弘です。

現代の都会に住んでいるほとんどの人がトライした事がある、ダイエット。
あなたは、今までどんな方法で体重を落とすことに挑戦してきましたか?

プロテインダイエット?
低糖質ダイエット?
ひたすらジョギングで痩せたというストイックな方もいるでしょう。

今回は同じ痩せる行為でも、食事だけで痩せる、運動だけで痩せる
この二つのダイエット方法の大きな違いについて、簡単に説明していきます。

 


・食事だけで痩せる。
これは極端に摂取カロリーを減らした場合です。
極端に食事を減らして肝臓や筋肉に蓄えた糖質が枯渇した状態が長く続くと
脂肪をエネルギーとして使ってくれると万々歳なのですが、実は先に筋肉を分解してエネルギーとして使い始めます。
もちろん、脂肪も消費しますが筋肉も分解されちゃうので筋肉が減ってしまいます。

 


・運動だけで痩せる。
この場合、有酸素運動を意味します。
走り始めは体内に蓄積された糖質をエネルギーとして走り始めますが、すぐにエネルギー回路が切り替わり
血液中の脂質をエネルギーとして使い始めます。時間が長ければ体内の脂肪をエネルギーにします。

つまり、極端に食事を減らして痩せる場合は筋肉が減りやすく
運動で痩せる場合は脂肪が減りやすいという事なんです。

もちろん、人間は糖質、脂質をハイブリットに使ってますし
食事の内容にもよって多少変わってきますが、基本的にはそういう事です。

運動嫌いの方も多いですが、バランスの良い食事と体を動かして脂肪燃焼することは
リバウンドを予防する意味でも大事なんですね。

では!

関連記事

PAGE TOP