BLOG

ストレスと過食のメカニズム

東京都文京区千石・本駒込パーソナルトレーニングスタジオカメシチ
ダイエット&脚やせトレーナーの吉田尚弘です。

以前、行動的に太りやすい人、太りにくい人のお話をしました。
こちらの記事参照「太りやすい人、太りにくい人」

今回はストレスと過食のメカニズムについて。

過剰なストレスがかかると、なぜか無性に食べたくなってしまう
事ありませんか?

特に空腹でもないのに、一気に甘い物だったりスナック菓子を平らげる。
なぜ、そんなふうになるのでしょうか?

まず、ストレスが溜まるとアドレナリンやコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。
所謂、ストレスホルモンと呼ばれるものですね。

一口にストレスと言っても、運動でかかる場合と、精神的なプレッシャーなどでかかる場合がありますが、
アドレナリンやコルチゾールは両方の場合でも分泌されます。

これらのホルモンは分泌されると肝臓に蓄えられた糖を血中に分泌させますが、
運動によるストレスの場合であれば、その糖はエネルギーとして消化されるので問題はありません。

しかし、それ以外の精神的にストレスがかかった場合、肝臓から出た糖は消費されませんので
高血糖を起こし、そして体脂肪に変換され、さらに肝臓の糖が減ってますので食欲が増進し、食べてしまう。
と、いうメカニズムなのです。

ストレスによる負のスパイラルに入っちゃうわけです。

では、これはどうやって変えていけばいいのか?
そこが問題ですよね。

これは、非常に難しい問題です。
私は精神科医ではないので、明確にこれだ!という答えはありません。

ただ、大事な事は、いったい何のストレスが自分にはかかっているのか?
を知ることです。知ることで対処法も考えられますから。
私がダイエット指導する場合、ストレスの正体を明確にするようにしています。

ただ、対処しにくい場合も多々あります。
そんな時、私の場合お勧めするのが、ウォーキングまたはゆっくりとしたジョギングです。
体を動かすことで、糖をエネルギーとして消費しますし、ポジティブになりますしかなり効果があります。

最初は億劫だと思いますが、思い切って外の空気を吸うことが大切です。
辛いのは一人ではないのですからね。一緒に頑張りましょう。

関連記事

PAGE TOP