エクササイズ

エクササイズ TRAININGトレーニング

脚痩せ、下半身痩せを実現させる

脚やせ、下半身痩せを実現するために重要なことは​正しい姿勢、骨盤のポジション、体幹力
股関節周りの筋肉の使い方です。

当たり前のように感じますが、実はそれが難しく、闇雲にトレーニングをしたら逆に脚が太くなる場合もあるのです。
Kame7では、お一人お一人の骨格や動きをチェックし、ピラティスの要素を入れたエクササイズを処方し
下半身痩せ、脚やせを実現します。
あなたの目的に合わせたマンツーマントレーニングプログラムをご用意しております。

★確実に痩せて、脚やせを実現した方は
・ダイエット&脚やせコース

★確実体重は気にしないけど、下半身の太さや姿勢が​ 気になる方は
・美脚&美姿勢コース

脚痩せに、重たいバーベルは必要ない。

トレーニングと言えば、何となく重たいダンベルを持ち上げるようなイメージがあると思います。​
しかし、ウエストを細くする、下半身痩せ、脚やせを目的にした場合、​重たい重量は必要ありません。
当スタジオでは、しなやかな身体作り、脚痩せを実現するためピラティスの要素を取り入れた
オリジナルのエクササイズを行います。

 


Kame7が提供できる改善エクササイズ

・美脚・脚痩せ・O脚改善・下半身痩・ヒップアップ、姿勢改善
下半身痩せができない、足が太くて気になっている、O脚で悩んでいる方のほとんどが、腿の外側が発達し膝が内側に向いているパターン。
そうなると常に腿の外側を使っている感覚になり、より外腿を使うようになります。
それを改善して、脚を細くし美脚にするためには、内股にある内転筋、お尻の外側に付いている中殿筋を鍛える必要があります。


<O脚が改善され、脚やせも実現できているのが分かります。>

 

・足首・ふくらはを細くする。
ふくらはぎ、足首が太くて悩んでいる方のほとんどが立っている時の重心が前側になっている、ちゃんと足底筋を使えていないパターンが多いようです。

あなたは、立った姿勢で足裏のどこの部分で重心を支えていますか?
立った状態で、正しい重心の位置は、踝の真下あたりになります。
どうですか?恐らく思ったよりも重心が後ろに感じるはずです。

重心が前側にある方は、ふくらはぎへの負担が大きくなり太くなりやすいのです。
さらに、足首を細くするには、実は足底の筋肉が使えているかがポイント。
足裏の筋肉が歩行時にしっかり働くと足首周りの筋肉の負担を減らし、足首の細さを引き出すことが可能になります。

 

 

 

左の写真はセッション前、右の写真はセッション後。ふくらはぎから足首にかけて細くなっているのが分かります。

 

・ウエストを細くする。
ウエストを細くするには、2通り方法があります。
1つはダイエットして、お腹の脂肪を減らす。そして、もうひとつは、腹筋を引き締めること。
そのためには、普通のクランチと呼ばれる腹筋運動は、はっきり言って意味がありません。

メリハリのある腹筋ラインを創るには、その人の骨盤の角度腹筋力を見極め、正しい骨盤の位置に導くための腹筋トレーニングが必要になります。

 

 

 

 

 

・姿勢を改善する。
正しい姿勢とは、正しい姿勢は、足のくるぶし、膝、大転子、肩、耳のラインが一直線になった状態。

しかし、殆どの方は正しい姿勢ができていません。

それは、現代ではパソコンの普及によりデスクワーク時の姿勢が猫背になっている方が非常に多いという事が挙げられます。
そのために、胸椎は硬くなり、肋骨の下が広がってしまい呼吸も浅くなり、さらに姿勢が悪化していくという悪循環に陥ってしまいます。

従って、姿勢を改善するためには、胸椎の可動範囲と肋骨の状態改善がポイントになってきます。

PAGE TOP