BLOG

完全なる菜食主義者ビーガン

東京都文京区千石、巣鴨パーソナルトレーニングスタジオKame7トレーナー&管理栄養士の吉田尚弘です。

最近、ビーガン食が流行りだしましたよね。ビーガン専門のレストランも多くなりましたしね。

んんっ、ビーガンって何?

と思う方もいらっしゃると思うので、簡単に説明しますと肉、魚だけじゃなく卵、乳製品、
はちみつを食べない菜食主義者の
ことを言います。

そんな食生活で栄養足りるの?たんぱく質は?

と思うのですが、タンパク質は豆腐やテンペと呼ばれる大豆でできた食品を食べるので不足することはないよです。

そうなると、とてつもなくエネルギー不足になるようなイメージもありますが、実際は植物性油脂はオッケーなので、
カロリーはかなり取れます。穀類もオッケーですからね。

山を150㎞走るプロトレイルランナーでもビーガン主義の選手はいますので、カロリーは摂ろうと思えば摂れるようです。

しかし、赤血球を作るために必要な栄養素、レバーや魚介類に多く含まれるビタミンB12が
不足しがちだと指摘する意見もあります。不足するとめまいや疲労感といった症状がでるのでそこは問題ですね。

実際に健康になりたくてビーガンに挑戦して、疲労感などがひどくなり止めてしまう人もいるくらいですから。

ただ、ビーガンのお陰で体調がよくなった人もいるので人それぞれ違うようですね。

個人的な感想ですが、ビーガンの方は筋肉が少なく細い方が多い傾向があるので、筋肉をあまり減らしたくない
方はある程度肉や乳製品は摂ってもよい気がします。

人それぞれ人生の価値観、考え方は違うので、何が正しいとか間違っているとかではなく肉食の方も、
ビーガンもお互いに尊重すべきだと思います。

では!

関連記事

PAGE TOP