BLOG

ミネラルの重要性

東京都文京区千石・巣鴨・駒込パーソナルトレーニングスタジオKame7
管理栄養士&トレーナーの吉田尚弘です。

前回のビタミンに引き続き、今回はこれも私達の体にとって
重要な栄養素、ミネラルについてお伝えします。

まず、ビタミンとの大きな違いは、ビタミンは自然界には存在しましせんが、ミネラルは
自然界に存在する元素なのです。ミネラルはビタミンと同様に体の調子を調える大事な働きをします。

カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅など鉱物に含まれ
海水に溶けだしたものを海藻類から、大地に含まれるミネラルは植物が栄養とし、
その植物を餌とする動物が食べて私達の体内に入るわけです。

必要量はビタミンと同様、微量で済みますが、体内では作り出せないため
食品から取り入れないといけません。
当然ながら、欠乏症もあります。分かりやすいところでは鉄が不足すると貧血になりやすく、
カルシウムが不足すると骨粗鬆症、亜鉛は味覚障害が起こします。

あまり聞きませんが、過剰症もありますね。吐き気やめまいなどを起こす場合がありますが、
普通の食事をしている限りは、そう簡単には起こりません。サプリメントの摂り過ぎが主な原因です。

一般的に私達は常日頃からカルシウムや鉄は不足しがちと言われていますから、
ひじきや海苔などの海藻類、レバー、乳製品などの食品から摂取したいものです。

関連記事

PAGE TOP