BLOG

寝る3時間前までに食べれば、太らない?

東京都文京区千石・巣鴨パーソナルトレーニングスタジオKame7
管理栄養士&トレーナーの吉田尚弘です。

よく、こんな話聞きますよね。

「あー夜10時にご飯食べたけど、3時間空けて寝れば太らないから
1時まで頑張って起きてなきゃ!」

このように、寝る3時間前までに食事を済ませれば太らない。
これって、本当になのでしょうか?

答えは

NO!

簡単に説明しますね。

まず、私達の体にはサーカディアンリズムというものがあります。
所謂、体内時計というやつです。

昼間は活発モードになり、エネルギーを生産する時間帯。
そして夜になるとお休みモードになり、体を休めて身体を創る時間帯になるのです。
身体を創るという事は、筋肉だけじゃなく脂肪細胞も創られるのです。

では、この活発モードからお休みモードはどの地点で切り替わるのでしょうか?

答えは「日没」です。

日光に当たることで、私達は活発モードになり、日が暮れるとお休みモードになります。
正確には、日没後約3時間でお休みモードに入ります。

例えば、日没が6時だとすると夜9時ごろにはお休みモードに切り替わります。
なので9時までに食事を済ませれば、まだ活発モードなのでそれほど太らない計算になります。
逆に10時に食べたら、もうお休みモードに入っているので、
そこから3時間起きてようが4時間起きてようが、あまり意味がないわけですね。

夕食のポイントは日没後3時間以内に食べる事。

ですよ(^^♪

関連記事

PAGE TOP