BLOG

美姿勢を作る内転筋群

東京都文京区千石パーソナルトレーニングスタジオKame7代表

ダイエット&脚やせトレーナーの吉田尚弘です。

当スタジオに通われている方の多くはオフィスワーカーでいらっしゃるので、猫背や肩こりを気にしている方が多いようです。

そこで、今回はセッション時ではなかなか説明できないインナーマッスル、筋膜の連鎖の観点から姿勢改善のお話をさせて頂きます。

図をご覧ください。

これは、私達の体の深部にある筋肉群(インナーマッスル)の連結を示しており、ディープフロントライン(DFL)と言います。

DFLは深部にある筋肉群で、足先から首まで繋がってます。これらが脊柱や胸郭を支える働きをします。

つまり姿勢を保つために働いているわけですね。(それ以外の筋肉も働いてますが)

その中で注目して頂きたいのは、赤で囲んんだ内転筋群、緑の骨盤底筋群、黒の腸腰筋です。

腸腰筋は、脊柱起立筋群と協力して脊柱を支える働きがありますが、キチンと機能するためには、繋がっている内転筋、骨盤底筋群がしっかり働く必要がありす。

つまり、内転筋に力を入れることで、骨盤底筋群や腸腰筋が働きやすくなるわけです。

当スタジオでいつも内転筋をトレーニングしているのはこういった意味もあるのです。

実際にお仕事場や電車で座っている時、股を閉じ内転筋に力を入れ骨盤を立て、姿勢を正してみてください。恐らく、内転筋に力を入れていない時より姿勢が保ちやすくなっていると思います。

内転筋はその他にも太もものライン、代謝にも影響を与えますので、重要な筋肉と言えそうですね。

しっかりと鍛えましょう!

関連記事

PAGE TOP